副業の注意点

普通の仕事ではなくデリヘルで副業することにはメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。デリヘルで副業をする際に注意点を下記で紹介していきます。

デリヘルは店舗数も多いため、自分が希望する場所や自宅に近い場所で働くことが可能です。なかには、仕事終わりに働くことを考えて会社の近くで勤務している人もいるでしょう。しかし、そうした場合には身バレに気をつけることが必要になります。働いている会社の従業員にバレてしまうと、クビや自主退職を選択することになるでしょう。また、その事実が周囲の友人や家族に伝わってしまうと、その後の人間関係にも影響してしまいます。

これは働く際の工夫で防ぐことができます。デリヘルで働いていることがバレるのは、その人の言動によるものがほとんどです。例えば、仕事終わりに働くために持っていたデリヘルで使う備品を見られてしまった、同期に携帯のメールを見られてしまったなどです。デリヘルの仕事で使う備品はほかの場所に置いておく、連絡の時間帯を指定するなどの対策を行えばバレる可能性は少なくなります。また、お店によっては、NGエリアを設定することができたり、友人や知人の電話番号を登録したりすることで身バレ対策をしてくれるところもあります。安心して副業をするためにも、こうしたお店を選ぶようにしましょう。

副業するメリット

風俗で働いている女性のなかには、普段は会社員として働きながら、夜は副業として風俗嬢になっているという人もいます。副業をする理由は人それぞれですが、多くの女性が副業としてこの業界を選んでいるため、風俗での副業にはメリットがあるといえるでしょう。

副業として人気がある風俗にはデリヘルがあります。デリヘルは自分の都合に合わせて勤務することができるため、副業として向いているのです。また、デリヘルの店舗は日本全国のどこにでもあり、男性の利用者も多くその市場規模は2兆円程といわれています。そのため、働ける職場も多く、自分の会社の近くや自宅から近いお店を選べるなど女性にとっても働きやすい環境が実現しています。

デリヘルで副業するメリットとしては、短時間で稼げることがあります。接客時間はコースによって変わってきますが、一人当たり60分~90分程度です。この時間にはシャワータイムなども含まれるため、実際にプレイするのはこの時間よりも少なくなります。ほかのソープなどの風俗では、長時間のプレイになることが多く体にかかる負担が大きくなります。また、プレイ内容もハードになるため、仕事が終わってから働くには厳しいかもしれません。しかし、デリヘルであればそうした心配はありません。こうしたメリットがデリヘルが副業として活用されている理由といえるでしょう。